« 演奏会のご案内 | トップページ | 準備は整った »

2016年8月22日 (月)

プログラムは印刷に

演奏会のプログラムを開演前に読むのは、楽しいひと時です。「どんな演奏を聞けるのだろう」や「どんな合唱団なんだろう」と。

ですが、プログラムを作成する側は、神経を使う作業です。
兎に角、所定のページの中に過不足なく、記事を収める必要があります。この”過不足なく”が難関ですが、今回は”過分”に困っています。

演奏曲目(通常、プログラムと言われるページ)は、演奏する曲を全て記載し、それぞれに作詞者/作曲者を付けます。今回は、曲数が多いので、文字がてんこ盛り。見やすいように編集するのに、困っています。「こんなに曲数があったら、工夫の仕様がない」、と。

もう一つは、先生方のプロフィール。
長岡先生やピアニスト、作曲家、演出家の計5名に加え、夏のメドレーに出演する八千代少年少女合唱団のOGを5名紹介します。
プロフィールは、「どこで学んで」「どんな活動をして」と書くのが一般的ですが、OG紹介は長岡先生の言葉で綴られます。小さな頃から指導してきた先生の紹介ですので、実に「オモシロい」。
 
例えば、S嬢の冒頭部分
在籍中は、「姫」と呼ばれていました。オペレッタ「白雪姫と7人の小人」でも姫を演じましたが、役だけではなくすべてが「姫」なんです。しかし・・・
 
5名それぞれについて、長岡先生の言葉で綴られた長文です。
通常はカットして見やすくするのですが、「オモシロみ」が半減しますので、今回はノーカット版。文字で埋め尽くされた紹介文ですが、少しでも読み易いように文字サイズを設定し、行間を微妙に調整しました。お読み頂けると、一般的なプロフィールと比べ、圧倒的にオモシロいですよ。
 
現在、印刷中です。インターネットでの発注ですので、印刷物を見る機会がありません。手元にくるまで、心配です。(木)

« 演奏会のご案内 | トップページ | 準備は整った »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593002/64046636

この記事へのトラックバック一覧です: プログラムは印刷に:

« 演奏会のご案内 | トップページ | 準備は整った »